top of page
検索
  • izwxinc

「Notion AI」「note AIアシスタント」はワークフロー効率化に使えるか。ドキュメント制作支援AIをプロライターはこう見る



  • 2023年2月23日、ドキュメンテーションサービスのNotionがドキュメント制作支援AIを正式に発表し、すでに利用可能となっている。

  • Notion AIの主な機能は、テキストの要約、翻訳、文章の長さの調整、テーマに基づいたアイデアの提供など。

  • 著者はNotionを主にニュース記事のクリッピングや取材時のメモとして使用しており、新しいAI機能の追加は大きな進歩と感じている。

  • Notion AIの「テキスト要約」機能は、特に議事録やインタビューのサマリー作成に役立つと感じられる。

  • Notion AIの「翻訳」機能は、DeepLと比較しても十分に使えるものであり、特にWebページのクリッピングと組み合わせることで、サイトのレイアウトを保持したまま翻訳が可能。

  • 「文章アイデア支援」機能は、テーマを与えると関連するアイデアやポイントを提供してくれる。

  • 著者は、AIによる文章作成支援は非常に有用だが、日本語変換の精度向上も求めている。

考察・洞察:

  1. AIの役割: Notion AIやnote AIアシスタントは、文章作成の支援ツールとしての役割を果たしている。これにより、ライターや編集者の作業効率が向上する可能性がある。

  2. 日本語変換の課題: 現在の日本語変換ツールは、文脈に応じた変換が難しく、これが改善されることでさらなる効率化が期待される。

  3. AIの限界: 一方で、AIによるサマリーやアイデア提供は完璧ではなく、人間の感性や視点を完全に置き換えるものではない。ライターの個性や視点はAIには再現できないため、AIはあくまで支援ツールとしての位置づけが適切である。

閲覧数:54回0件のコメント

Comments


bottom of page