top of page
検索
  • izwxinc

プロダクトマネジメントの優先順位付けフレームワークの究極ガイド

更新日:2023年9月11日

何を作るか(あるいは次に何を作るか)を決めることは、プロダクトマネージャーの仕事の中で最も重要な部分の一つです。インパクトを与えるチャンスは何度もありません。だからこそ、賢く選択して、チャンスを最大限に生かすことが重要なのです。



この記事は、プロダクトマネジメントの優先順位付けに関するフレームワークを紹介しています。プロダクトマネージャーの仕事の中で最も重要な部分は、何を作るか、次に何を作るかを決めることです。プロダクトの優先順位を決めるためには、お客様の真の問題を解決することを最優先とし、その上でさまざまなフレームワークを活用して判断します。記事では、価値と複雑さの比較、利益対コスト、狩野モデル、Buy-a-Feature、オポチュニティー・スコアリング、親和性グルーピング、ストーリーマッピング、アイゼンハワー・マトリクス、ICEスコアリング、インパクトマッピング、MoSCoW分析、RICEスコアリングなど、多くの優先順位付けフレームワークについて触れています。


考えるべき点や洞察

  1. お客様の真の問題の理解: プロダクトの優先順位を決める際、お客様の真の問題を理解し、それを解決することを最優先とすることの重要性はどれほど大きいのでしょうか?

  2. フレームワークの選択: さまざまな優先順位付けフレームワークが存在する中で、どのフレームワークが特定のプロダクトや状況に最も適しているのか、その基準は何でしょうか?

  3. 市場のニーズ: 市場が求めているものと、企業が提供したいものとのギャップを埋めるための最適なアプローチは何でしょうか?

閲覧数:3回0件のコメント

Comentários


bottom of page