top of page
検索
  • izwxinc

ChatGPTに要件定義をお願いしたらハンパなかった



  • 著者は、架空の営業管理システムの要件定義をChatGPTに依頼し、その結果を紹介しています。

  • ChatGPTは、要求された機能を迅速にリストアップし、その中には初期段階で忘れがちな機能も含まれていました。

  • 著者は、機能ベースでの要件定義から画面ベースの要件定義に移行し、ChatGPTはその要求に応じて適切な代替案を提供しました。

  • ログイン画面やホーム画面(ダッシュボード)の仕様を詳細化する過程で、ChatGPTは網羅的な情報やUIデザインのアドバイスを提供しました。

  • 著者は、ChatGPTを使用することで、要件定義の業務効率化が可能であると感じています。しかし、人間の介在は依然として必要であり、ChatGPTはあくまで支援ツールとしての位置づけが適切であると述べています。

考察・洞察:

  1. AIの役割: ChatGPTは、要件定義の支援ツールとしての役割を果たしている。これにより、要件定義の業務効率化が期待される。

  2. 人間の介在の重要性: 要件定義は、思い込みを排除してできるだけフラットに発想していくことが重要であり、ChatGPTの回答も人間の指示や質問の仕方に影響される。そのため、人間の介在と議論は必要である。

  3. AIの限界: ChatGPTは汎用的・一般的な仕様の要件定義しか提供できないため、実際の要件定義では人間の専門知識や経験が必要となる。


閲覧数:81回0件のコメント

Comments


bottom of page