top of page
検索
  • izwxinc

LangChain と OpenAI API を使って Slack 用のチャットボットをサーバーレスで作ってみる


この記事では、LangChainとOpenAI APIを使用して、Slack用のチャットボットをサーバーレスで作成する方法を紹介しています。具体的には、LangChainのMemory機能を活用して、会話の履歴を考慮しながら返信する仕組みを実装しています。OpenAIのモデルの入力トークン制限を考慮し、一定のトークン数を超える履歴は要約して保持するようにしています。バックエンドの実装にはAWS Lambdaを使用し、全てのデータはDynamoDBに保存されるサーバーレスのアーキテクチャを採用しています。記事の中では、実際のコードや設定方法も詳しく紹介されています。


考えるべき点や洞察:

  1. サーバーレスの利点: サーバーレスアーキテクチャを採用することで、どのようなメリットやデメリットが考えられるでしょうか?

  2. AIとの連携: OpenAIやLangChainのようなAIツールを利用することで、どのような新しい可能性が開かれるでしょうか?

  3. チャットボットの進化: 今後、チャットボットの技術や利用シーンはどのように進化していくと予想されるでしょうか?


閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page